スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冨田真紀子(女子ラグビー)のドーベルマンタックルがすごい!<スポーツジャングル>

d1c1bd37aeedcf1ced75とみea4ea3fc5bc2

生年月日 1991年8月2日
出身地 岡山県出身
身長  170cm
体重  68kg
出身校 早稲田大学
ポジション BK
所属 世田谷レディース


中学校まではバスケットボールをやっていたが、成長痛の治療で通院していた医療施設の関係者から「これからはラグビーの時代」という話を聞かされて、ラグビーのクラブチーム『世田谷区ラグビースクールレディース』(通称:世田谷レディース)の練習を見学したことがきっかけでラグビーを中学校3年より始める。父は関西学院大学で主将を務めたことのある元ラグビー選手であったため、娘がラグビーを始めたことを喜んで練習相手を買って出たこともあったという。

跡見学園高等学校1年次の時には、「日本では拮抗したチームが少なくて練習環境が厳しい」と、自らオーストラリアへのラグビー留学も敢行し、地元のクラブチームへ入ってプレーして屈強な豪州女子選手相手にタックルを掛け回るなどした結果、日本へ帰国する頃には留学前に比して体格も大きくなっていたという。

高校時代から15人制及び7人制のラグビー女子日本代表に招集されており、15人制では2010年5月22日に開催された女子国際親善試合の日本対香港戦(秩父宮ラグビー場)に後半21分から途中出場したのが初キャップである[4]。尚、冨田は15人制代表ではフルバック、7人制代表ではブロップと畑の違うポジションをこなしている[5]。ラグビーワールドカップセブンズ(7人制のワールドカップ)では2009年、2013年の二回出場を果たしている。

2014年、早稲田大学を卒業と同時にフジテレビジョンへ入社[3]。入社後は人事局人事部に配属される[6]。同年は7人制代表のメンバーとして2014年アジア競技大会(大韓民国・仁川広域市)に出場[7]。大会では決勝で中華人民共和国に惜敗して銀メダルとなった。

2015年は7人制代表での活動が多く、特に2016年リオデジャネイロオリンピック出場を賭けたアジア予選では香港ラウンド及び日本ラウンドの二大会で主力として出場、オリンピック出場権獲得に寄与した

ソース ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A8%E7%94%B0%E7%9C%9F%E7%B4%80%E5%AD%90_%28%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8B%29


 
【ラグビー総合 最新NEWS】

【個人ブログ 最新記事】
 
【高校ラグビー 最新NEWS】

【大学ラグビー 最新NEWS】

【トップリーグ 最新NEWS】
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。